◆1万人の原告が目標です!提訴以来の原告の増加

  • 福島第一原発の過酷事故(2011年3月11日~)のあと、国内の稼動原発はゼロの状態になっていました。ところが、福井県にある関西電力・大飯原発は、当時の民主党政権のもと2012年7月に再稼働が強行されました。
  • その後、大飯原発は2013年9月に定期検査にはいって停まり、以来、日本は原発ゼロとなりました。しかし、「新規制基準に合格した」として2015年8月川内原発が、2016年1月に高浜原発が再稼働されました。高浜原発は,2016年3月大津地裁の仮処分決定により,停止しました。
  • 京都脱原発弁護団と1,107名の原告は、再稼働が強行された大飯原発の運転差し止めと損害賠償を求め、2012年11月29日、京都地裁に提訴しました。2013年6月1日には原告団結成総会が開かれ,正式に京都脱原発原告団が発足しました。
  • その後、2013年12月3日に856名で第二次[追加]提訴、2015年1月29日に730名で第三次[追加]提訴、2016年1月13日に393名で第四次[追加]提訴を行い、、2017年2月13日に184名で第五次[追加]提訴を行い、原告総数は3,270名となっています。
  • 現在の自民党・公明党政権は、危険な原発再稼働に前のめりです。脱原発の声を社会的にさらに大きくしていくために、あなたも、ぜひ原告に加わってください。そして、一人でも多くのお知り合いにも訴えてください。1万人の原告で裁判所を包み込みましょう。