◆次回 5/9(火) の裁判期日に参加ください

■ 京都地裁の大飯原発差止訴訟は,5/9(火)14:00~16:00に第15回口頭弁論が開かれます。
多くの皆さまにご参加いただきますよう,ご案内します。

■ 次回は,裁判長の交代にともない,これまでのおさらいをする「弁論の更新」が行われます。2時間かかりますが,

一気にキャッチアップ!
2時間で原発訴訟の論点がわかる!

■ 具体的には,これまでの到達点,問題点のダイジェスト的まとめ,
(1) 新規制基準,地震動,避難計画などの問題点
(2) 弁護団で行った野島断層見学会の成果
(3) 原告の陳述(竹本修三・原告団長,福島より避難してきた福島敦子さん)
のほかに
(4) 地震について新しい主張(被告関西電力のいう地盤特性,地域特性に対する反論)
もふくめて展開します。

■ 5/9の裁判に参加する三つの方法

[1] 原告席…すでに原告の方は,法廷の柵の内側に原告として入ることができます。

  • 原告団が氏名を裁判所に通知します。希望される場合は★4/30(日)★までに電話,FAX,葉書などで事務局宛ご連絡ください。
  • 約35の席がありますので,定数に達するまで募集します。
  • E-Mail を登録されている原告は,4/24(月)配信のMLに返信してください。
  • 原告席で裁判に参加された原告の感想 →「裁判に参加するといっても,傍聴席にいるのと,原告席にいるのでは,こんなに違うのかと思った。自分の向かい側の正面に被告の関電や国がいて,左に裁判官がいるという配置なので,自分 がどんな立場かよく分かる。“自分は訴えているんや”という気持ちになった。まだ,1回しか原告席に入ったことはないが,ぜひ,また原告席で裁判に参加したいと思っている。

[2] 傍聴席…法廷の中で柵の外側。88席あり,裁判所が抽選を行います。

  • 13:20~13:35の間に京都地裁正面玄関前で,抽選リストバンドが配布されます。
  • 13:35からの傍聴券の配布は,地裁の正面玄関前となります。
  • 傍聴席は,原告でない方も,誰でも抽選によって参加することができます。
  • 傍聴席に入ることができなかった場合は,下記の模擬法廷にご参加ください。

[3] 模擬法廷…弁護団が用意します(法廷と同じ14:00開始)。

  • 模擬法廷に参加するには,京都地裁の構内の南東角にある京都弁護士会館・3階大会議室へ,
    直接おこしください。
  • 法廷よりもわかりやすく,弁護団が解説します。
  • 事前に提出されている被告(国や関電)側書面があれば,その解説も行います。

■ 報告集会の開催

  • 法廷の終了後(16:00頃から),京都弁護士会館・地階大ホールにて報告会を開催します。
  • 裁判に関するご質問なども,弁護団から説明いたします。

■ 開廷前のデモ

  • 従来通り,12:10 までに京都弁護士会館前(京都地裁構内の南東角)に集合で,市民に訴えるために裁判所周辺のデモを行います。多くの皆さまが参加されるよう,訴えます。
  • 出発は12:15 です。30分程度で終わる予定です。
  • デモ後に,裁判所の傍聴席の抽選に応募することができます。

■ 原発賠償京都訴訟も 同じ週の12日(金)

◆[京都地裁]福島などから京都に避難してきた人による原発賠償京都訴訟

  • 国と東電に対して,福島原発事故による被害の賠償を請求(2013/9/17に提訴)。9/29結審,2018年3/29に判決予定。大きな傍聴支援で原告の皆さんを励ましましょう。
  • 5/12(金)第27回口頭弁論…5/9(月)の大飯原発差止訴訟と同じ週です。
    • 原告本人尋問。101号法廷。10:15~16:30。傍聴席の抽選は9:35~9:50。