◆原発事故!すわっ!避難なんてごめんです!京都府北部集会

◆4月16日は宮津市「みやづ歴史の館」で「原発事故!すわっ!避難 なんて ごめんです!」京都府北部集会を開きました。大飯原発差止訴訟の出口治男弁護団長による『最近の原発裁判,京都地裁の脱原発訴訟について』の報告後,昨年11月に京都地裁で陳述されたお二人にお話ししていただきました。

◆『自然豊かな宮津の暮らしを守りたい』吉田真理子さん(原発なしで暮らしたい宮津の会),『原発事故から逃げられる?』池田豊さん(自治体問題研究所 事務局長)からそれぞれ熱い思いがあふれました。

◆宮津市では,天橋立を世界遺産にしたいという運動をしています。世界遺産とすぐ近くの原発とは共存できません。

主 催:京都脱原発原告団
共 催:原発なしで暮らしたい宮津の会,京都自治体問題研究所,京都自治労連,宮津市職員組合
受付配付PDF資料:→こちら(ただし,池田さんのパワポ縮刷り部は省略。吉田さんは元々パワポ縮刷りなし)。