◆原告団ニュース準備号(2013年5月1日)

PDFファイル(261KB)…クリックで表示,右クリック→「対象をファイルに保存」でダウンロード。

目次

世話人の募集

提訴後、2月9日に原告団世話人会・準備会をつくる説明会を行い、仮の世話人会を選出していますが、原告団結成総会を機に正式なものにします。私たちの脱原発の運動を高め、裁判所にアピールしていくためにも、世話人の体制を拡大して、創意ある運動を繰り広げたいと考えています。

メーリングリスト登録のお願い

原告団世話人会は、これまで2月9日、3月2日、4月7日、4月27日と4回、開いてきました。その内容は、メールアドレスを登録していただいた原告の方々に、メーリングリストによって、一斉送信でお知らせしております。

しかし、現在、このメーリングリストに登録されているのは、原告のうちの60%程度にとどまっています。1,000人を越える原告の皆さまに郵便などでお知らせするには、多額の費用がかかりますので、より多くの原告の皆さんが、メールアドレスを登録していただくようお願いいたします。

メールアドレスを新たに登録していただける方は、下記事務局までお知らせください。

同封の訴状と財政について

今回の訴訟の訴状は、これまで基本的にインターネット上の京都脱原発弁護団ブログにて、ご覧いただいていましたが、訴状はいちばん基本的な文書ですので、印刷して、原告の皆さま全員にお送りしました。

ただ、1,000人を越える原告の皆さまに郵便などで送るには、多額の費用がかかります。原告参加申込の際に納めていただきました5,000円は、ほぼ訴訟の印紙代になっています。今後の財政確立のために、「大飯原発差止訴訟運営のための年度カンパ」(仮称)を検討していますので、よろしくご協力のほど、お願い申し上げます。原告にはなれないが、支援はしたいというサポーターも募集します。詳細は世話人会にて検討中ですが、6月1日の原告団総会に提案させていただきます。