京都地裁における大飯原発差止訴訟は、
すべての原発をなくす第一歩として
まず 大飯原発を止める訴訟です。
原告総数は 3,477名です。

(2024/6/12 更新)トップ画像

◆次回の第42回 期日 7/16(火)から、証人調べ

  • 2012年11月29日に提訴して以来、長かった裁判もいよいよ終盤
  • 7/16(火)開廷は10:30。昼食休憩を挟んで16:20まで。報告集会は、弁護士会館
  • 5人の原告が避難の困難性、不可能なことを証言
  • 【New】証人調べは、来年の3/6(木)まで続く
    【重 要】その詳細は →こちら[106 KB](2024-06-05 現在の予定)

◆6/8(土)第12回原告団総会、終了しました

  • 時間…13:15~16:30
  • 場所…ハートピア京都(京都市営地下鉄 丸太町駅 )
  • 記念講演…井戸 謙一 弁護士「脱原発裁判の現状と今後の展望」。リアル講演、Zoom 配信をします。
  • 原告以外の方もどなたでも参加できます。参加費無料ですが、カンパをお願いします。
  • 案内チラシ…こちら[1 MB]
  • 資料、Zoom設定、その他、詳しくは →こちら

◆前回期日の第41回 口頭弁論は 6/4(火)

  • 前回、第41回 口頭弁論は、6/4(火)14:30~。模擬法廷&報告集会の会場は、弁護士会館地階ホール(12:00~17:00)
    ・そのお知らせ→こちら
    ・その報告→こちら

◆大飯原発差止訴訟の期日や、世話人会の予定

  • 6/22(土)10:00~、第134回 世話人会…ハートピア京都&Zoom
  • 7/16(火)10:30~16:20、第42回 期日。原告5名の主尋問、反対尋問。報告集会は弁護士会館
  • 7/20(土)10:00~、第135回 世話人会…ハートピア京都&Zoom
  • 9/17(火)14:00~、第43回 期日。赤松純平氏の主尋問。報告集会は弁護士会館

◆市民運動の紹介


▲2024年1月24日現在。図をクリックすると、拡大して表示。資源エネルギー庁の元図(原子力政策の状況について > 日本の原子力発電について > 日本の原子力発電所の状況→こちら)に加筆。なお、エネ庁の図を元にした上図では、設置許可申請は出されているが、エネ庁が受理していない?(もしくは審査に入っていない?)敦賀3、4、上関1、川内3の4原発が含まれていない。