関西電力 闇歴史…目次

【索引は→こちら
【番外編などの目次は→こちら
【時系列にそったまとめ→◆番外編 001◆◆番外編 004◆
【 下線部に、リンク 】
【追記】【訂正】ずっと下の項目でも新しい内容がある場合は、赤字で示しています。
(ずっと下から、ここ=先頭に戻るには右下の▲印をクリック)

◆111◆【2/10 新規】2年間で12億円の申告漏れ、特重施設の調査費などで
     追徴課税額は1億5千万円!(2024年1月)

◆110◆【12/28 新規】経産省の電力・ガス取引監視等委員会が、
     関電に業務改善勧告
(2023/12/26)
     関電は、卸電力取引所(JEPX)のスポット市場において
     きわめてずさんな入札業務を行い、注意義務を怠った重大な過失で
     市場価格を上昇させる重大な影響を生じさせた!

◆109◆ 関電の “安全無視文化” は、1980年代には既に定着!
     もうけ優先の結果、関電の原発で何が起こっていたか!

     (1) 一次冷却水のポンプが破壊寸前!――高浜原発、大飯原発
     (2) 放射能汚染水漏れを放置――美浜原発、大飯原発
     (3) 緊急停止回路を切っての曲芸運転!――美浜原発

◆108◆ 関電などによるバイオマス発電事業が破綻(2022年12月)
     結局、発電事業は大東建託に事業譲渡(2023年7月)
     関電の電源構成→原発は20.3%だが、
           →太陽光0.3%、地熱、風力、バイオマスは各0.0%
     【付 RE100 】
     【付 関電の電源構成】

◆107◆  関西電力送配電(株)、インバランス料金を複数回、誤算定
     電力・ガス取引監視等委員会が報告を公表(2023/7/28)
     誤算定の原因は、マニュアルの不備など事務の正確性欠如
     【付 インバランス料金】

◆106◆  中性子照射脆化の進み具合をみるのに、
     関電は、規制委の規格にない方法で測定!

     福井県には「規格にない図(WOL試験片)」を示していながら(2016年)、
     訴訟では「規格にある図(CT試験片)」を「イメージ図」として提示!(2021年)
     老朽原発40年廃炉訴訟(名古屋地裁)で明らかに!

◆105◆  カルテル問題で、関電が経産大臣に業務改善計画を提出(2023年8月10日)
     「地域独占の意識からぬけず、自由化の趣旨を理解していなかった。
     他人任せ、上意下達の組織風土に問題があった」

◆104◆  被ばく労働に頼らないと動かない原発の非人間性、非倫理性を告発
     『原発ジプシー』『原子炉被曝日記』

◆103◆  大飯1、2号機の廃炉によるクリアランス金属を
     弁に加工して、大飯3、4号機で使用と発表
     放射性廃棄物で循環型社会を形成?!(2023年7月)

◆102◆  大手電力が新電力つぶしの深刻な不正行為!
     公取委が電取委に、差別対価と市場操作の情報を提供

【注意】この不正行為は、カルテルに関連した関西電力、中部電力、中国電力、九州電力のいずれか、又は複数社によるもので、どの社に該当するのかは、現状(2023年6月)では不明です。

◆101◆  40年超え老朽原発の高浜原発1、2号機は、とっても危険!
     もうすぐ40年の高浜原発3、4号機でもトラブル続き!
     老朽原発うごかすな!(2023年7月)
     【付 原発を動かしてはいけない 10のわけ】

◆100◆  エネ庁サイトの再エネ業者情報が大手電力から不正閲覧されていた件で
     個人情報保護委員会が、大手電力とエネ庁に行政指導!(2023/6/29)

◆099◆ 関電は使用済み核燃料のごく一部をフランスに搬出すると発表!(2023/6/12)
     フランスでの実証研究は、中間貯蔵施設の県外設置と「同等」と主張!
     フランスと技術協定を結んだ経産省も、関電を支援!
     詭弁、出まかせ、居直り、ごまかし、その場しのぎ、傲慢

◆098◆  原発最優先で再エネは後回しの関電!
     関電エリアで初めての再エネ出力制御(2023/6/4)
     原発はフル稼働で、再エネ電気はストップ !!!(> <)!!!
     関電は大儲けで、再エネ新電力は苦境に
     【付 需給バランス制約による出力制御】
     【付 関電の供給力能力は約3000万kW】

◆097◆ 【2/15 加筆】かつて関電などが計画した珠洲(すず)原発は阻止したが、
     今は志賀(しか)原発のある能登半島で大きな地震があいつぐ!
     [2] 2024/1/1には、震度7、M7.6 の能登半島地震で大災害
     【付 日本海側の大地震】
     [1] 2018年以来、群発地震が多発、2023/5/5には、震度6強、M6.5 の地震
     【付 震度と長周期地震動】

◆096◆ 関電の全原発で、火災防護対象ケーブルの対策がなされず!
    (2023/3/29)
     認可された設計工事計画(設工認)に従わずに運転継続!
     数年かかる見通しの工事を怠って、規制委も関電も事態を軽視!

◆095◆ 関電・舞鶴発電所でバイオマス燃料から発火、
     火災は10時間半後に鎮火、4棟全焼(2023年3月14~15日)
     【付 グリーンウォッシュ】

◆094◆ 関電大阪本店から高浜原発まで、老朽原発うごかすな!リレーデモ、
     関電京都で、関電と関電送配電に申入書を手渡しで提出(2023年3月24日)

◆093◆ 関西電力送配電、電圧測定怠り記録を捏造、虚偽報告
     経産省が詳細報告求める(2023年3月)

◆092◆ 際立つ関西電力の悪質な経営姿勢!
     原発を含めた基幹インフラをになう公益企業として
     目に余るルール無視、欠如する倫理や規律(2019~22年発覚)

◆091◆ 福井地裁では、2023年1月現在、2件の仮処分裁判が進行中
     高浜1~4号機の運転差止を求める仮処分では
     設置前後から企業倫理を逸脱していた関西電力を糾弾!
     ~~『環境と公害』2016年1月号(岩波書店)より

◆090◆「インタビュー 関西電力との50年闘争」(中嶌哲演さん)
     ~~『世界』2020年4月号(岩波書店)より
     関西電力と若狭の原発……反対派を黙らせようとした工作の数々
     反対運動に対する嫌がらせ……原発マネー・ファシズム
     地域から見た森山助役……反対運動をおさえる政治工作に関与
     原発がはらむ差別構造……若狭に突き刺さる差別の逆ピラミッド
     関西電力は今後変わるか?……カギを握るのは市民

◆089◆ 神戸製鋼所の巨大石炭火力発電所は膨大なCO2を排出!
     その電気をほぼすべて買い取り、販売する関電は、
     石炭火力発電所の廃止に向けた行程表を作成せよ!
     神戸製鋼所を相手にした神戸石炭訴訟の判決は3月20日

◆088◆ 関電の電源構成は、原子力、石炭、石油で50%近い!
     環境汚染など汚れた電源→汚れた電気で、
     二酸化炭素も出しまくり

◆087◆ 関電の小売部門が送配電子会社の情報に不正閲覧
     「電力システム改革」の重要課題に違反
     関電のコンプラ意識がさらに問われる事態
     【付 電力システム改革】

◆086◆ 老朽高浜1、2号機の再稼働にむけて
     燃料プールの「過度に保守的な」安全策を廃止し「現実的な評価」へ
     2022年12月21日、中性子吸収体廃止などを規制委が許可

◆085◆ シビアアクシデント対策は、放水砲とシルトフェンス!
     放水砲とシルトフェンスで放射能の拡散を防げるか??
     「格納容器の破損」「炉心を損傷するような重大事故」対応??

◆084◆ 美浜3号機…建設時、生コンに大量加水、強度検査も不正
     設計基準強度を下回る可能性があるも、関電は否定(2000年)

◆083◆ さすが関電!異能の京大院卒若手社員!
     違法な就活替え玉受検で大儲け!(2022年)

◆082◆ 青森県六ヶ所村で核燃料サイクル推進!
     関電小林庄一郎社長が電事連会長として県と村に立地を要請、
     地方を見下して尊大にふるまう(1984年)
     【付 電事連の核燃料サイクル、新聞広告】
     【付 核燃料サイクルと、核のごみ】

◆081◆ 火力発電所で環境汚染
     舞鶴の火力発電所で、石炭が海へ落下(2021年)
     赤穂の火力発電所で、環境基準超えの汚水が海へ流出(2022年)

◆080◆ 石炭火力発電を推進する関電(2017~21年)

仙台パワーステーションで、アセス逃れ、消極的な情報公開のほか、
自己短期利益最優先、住民無視、被災地感情無視のビジネスモデル!

◆079◆ 使用済み核燃料の置き場がなくなる!(2022年)

2026年には高浜は100%、大飯は94%がうまってしまう!
福井県との県外搬出の約束期限は2023年末に迫る

◆078◆「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」一般負担金、

大手電力分を合計で293億円、こっそり減額!(2022年)
関電などは電気料金に入れて徴収済みの分を自分のポケットに!
【付 託送料金とは】
【付 グリーンコープ託送料金訴訟】
【付 社会常識を覆す廃炉会計制度】

◆077◆ 自治体が関電に電気代を過払い(2022年5月以後に報道)

大阪府、大阪市、和歌山県などが、道路照明灯などの料金を関電に過払い
原因は、自治体側もしくは関電による契約変更の手続きミスか?
原因がどうであれ、関電は使っていない電気代までとるな!

◆076◆ 電力総連の組織内議員が原発推進

電力総連政治活動委員会が巨額の政治資金で活動
各電力労組の政治連盟あるいは政治活動委員会は42万人超え
政治資金規正法違反ではないか、との指摘
関電社員議員、関電労組政治団体に関する指摘

◆075◆ ビーチが素晴らしい高浜町、「ブルーフラッグ」の認証をうける

地元の喜びは当然ですが、
将来とも美しい自然環境を生かしていくには、原発廃炉が必須では?
★何故かここで場違いに自慢してはしゃぐ関電、
「安全な」原発のそばで遊んでね、と言いたいのか?
★高浜原発沖合の海水からはトリチウムが検出され、
そのトリチウム濃度は全国平均よりはるかに高い。

◆074◆ 原発温廃水が海を壊す

原発温廃水は、熱、化学物質、放射能の三位一体の毒物
高浜原発近くで、温廃水によりソラスズメダイなどの熱帯魚が定着
原発の停止で、周辺の海洋環境は劇的に改善したが…
【付 火力発電と原子力発電の比較】
【付 コンバインドサイクル発電】

◆073◆ 関電の原発建設に反対し阻止した4府県9か所の闘い

どの立地候補地でも女性たちの素晴らしい結束があった
「比較ジェンダー史研究会」のWebサイトより
【付 和歌山県白浜町、使用済み核燃料中間貯蔵施設も撃退】

◆072◆ 関電の原発マネー不正還流は、最悪の幹部腐敗!(2019年発覚)

    その追及は、株主代表訴訟刑事告発
    ①株主代表訴訟は、会社訴訟と株主訴訟へ(2020年6月~)(→◆018◆
    ②刑事告発は、大阪地検が相次いで不起訴処分へ(~2022年12月)
    ・市民が大阪地検に告発→不起訴→検察審査会へ[4][6]
     →9名全員が再捜査へ(2022年8月)[8]
     →大阪地検は再度、不起訴処分(2022年12月)[9]
    ・地検はさらに追加の告発3件も、不起訴(2022年9~12月)[7]
    【付 関電の四つの調査報告書へのリンク】

◆071◆ 原発再稼働に猛進する関電、トラブル続出

「2018~22年度のトラブル 一覧表」

「関電の原発の稼働状況 一覧表」

  • 美浜原発3号機のトラブル → ◆071-1◆
  • 高浜原発1号機のトラブル →◆071-6◆
  • 高浜原発2号機のトラブル →◆071-7◆
  • 高浜原発3号機のトラブル → ◆071-2◆
    【付 原子力規制委員会の検査指摘事項】
    【付 原子力規制検査における対応区分】
  • 高浜原発4号機のトラブル → ◆071-3◆
  • 大飯原発3号機のトラブル → ◆071-4◆
  • 大飯原発4号機のトラブル → ◆071-5◆

◆070◆ 高浜4号機、並列直後に発電機と原子炉が自動停止

報道陣が見守る中、中央制御室に警報が鳴り響く(2016年2月29日)

◆069◆ 関電本店ビル前行動などに一連の弾圧

(2012年関西脱原発弾圧事件)

  • (1) 関電前「転び公妨」事件(2012年10月5日)
  • (2)「転び公妨」事件の際の抗議で逮捕[事後弾圧](2012年11月16日)
  • (3) 震災がれき問題で、脱原発の活動家4名を狙い撃ち逮捕(2012年11月13日)
  • (4)「がれき反対」無許可デモで業務妨害、逮捕(2012年12月9日)
  • (5) 大阪府警の不当逮捕のまとめ

◆068◆ 関電東海支社ビル前行動に対する弾圧

(関電東海支社事件)

2012年5月、大飯原発再稼働に抗議する関西電力東海支社前の初めての行動で
参加者の2名が関電ビル内に立ち入ったとして
その後、5か月以上もたって、10月から捜査が始まった
関電不動産東海支店が被害届

◆067◆ 各地の原発、保安規程違反のまま特重施設を運用(2022年)

高浜原発3、4号機も部品未装着で保安規程違反
原子力規制委員会の審査を通っても原発の安全は確保されていない
電力会社は特重施設など無駄と思っているのでは

◆066◆ 関電が風力発電を計画→ 宮城県の計画は断念して撤回(2022年)

宮城県知事、山形県知事「どうして関電なのか」
宮城県知事は「誠意ない」「明確に反対」
役場訪問の関電幹部に地元2町長は「白紙撤回を」「京都の嵐山に造ったら」
自然環境への配慮が著しく欠如、北海道の1件も断念して撤回

◆065◆ トラブル続きの原発を、前倒し前倒しで稼働させて大丈夫か(2022年)

原発は、不安定で信頼性のない電源!
原発をやめて、環境に優しく持続可能性のある社会を展望すべき!

◆064◆ 大企業で相次ぐ製品不正(2022年報道)

原発も無関係ではない!~火災感知器、変圧器、発電機など大丈夫か
関電は関係ないのか
【付 部品メーカーが次々と原子力事業から撤退 】

◆063◆ 【2/10 追記】黒部川の出し平[だしだいら]ダムと宇奈月ダムの連携排砂

富山湾にヨコエビが異常繁殖、漁業に被害か(2002年提訴)
関電は、補償金は出しても因果関係は認めず

◆062◆ 関電の不適切取引3件(土砂処分、土地賃借、倉庫賃借)

コンプライアンス委員会が指摘(2022年)
3件のうち、2件(◆034◆土砂処分問題、→◆035◆土地賃借問題)はすでに昨年に報道
関電は、昨年の報道に対し素知らぬ顔をしていた
新たに浮上した倉庫賃借問題をふくめ「関電の原発マネー不正還流を告発する会」が告発へ

◆061◆ 関電、やっぱり「お殿様目線」で消費者無視

いつまでも身につかないユーザー目線
MOX(モックス)燃料 20年で倍額(2022年報道)

◆060◆ 入社式で、新入社員代表が

「関西電力の当たり前が世の中の当たり前と乖離していないか」と発言
ネットでは、やらせ、茶番を指摘するコメントが大半(2022年)

◆059◆ 関電の原発でコロナ・クラスター発生か?

新聞報道によれば、関電は2022年1月に300人を、2月に120人を自宅待機に!
関電のプレスリリースは、2021年9月以来コロナ感染者について沈黙!

◆058◆ 高浜1、2号機のトラブル

高浜1、2号機再稼働策動のデタラメ、その1~その3(2021~22年)

◆057◆ 原発廃材でつくったベンチが関電の原子力事業本部(美浜町)のホールに

そんなに安全なら、関電本店役員室の椅子や机に使えばどうか
【付 放射性廃棄物の「クリアランス制度」】

◆056◆  使用済み巨大蒸気発生器(1基約300トン)

どうやって処理するのか?(2021年報道)
福井県内には既に計33基も積み上がっているが、国内に処理可能な施設はない!
【付 蒸気発生器の図解、これまでの取り替え例】
【付 これまでの蒸気発生器伝熱細管破断・破裂事故】

◆055◆ ガスの小売り自由化に新規参入した関電ガス(2019、2021年)

トラブルを抱えつつ、大阪ガスとしのぎを削る

◆054◆ 関電から高浜町へ、45億円とか莫大な寄付金(1970~2013年度)

不明朗な寄付金の原資は消費者の電気代

◆053◆ “裏工作の仲介役”を担った森山栄治元助役

関電の弱みを握った発端の一つがフナクイムシ問題(1981~87年)

◆052◆ 関電から高浜町に多額の原発建設協力金

両者の覚書、総額、使途、すべて不明
森山栄治助役が暗躍か(1976年~)

◆051◆ 高浜町「ふれあいの浜辺事業」脇坂公園の造成でカラ工事の疑惑

森山元助役曰く「ちゃちな計画」が、公金詐取の大謀略に変身(1997年~)

◆050◆ 原発はテポドン着弾でも大丈夫

~北新地(きたしんち)の「トヨちゃん」デタラメ強弁(2011年6月)

◆049◆『発送電分離なら「原発持てない」』

~八木電事連会長、電力システム改革を牽制(2013年2月)

◆048◆「原発の電気はいらない署名@関西」で関電本店に署名を提出(2017年)

本店で対応と言いながら、京都支社の担当者が大阪に出張してくる茶番劇
「コミュニケーション」をとる気もないのに、「コミュニケーション」を名のるな!

◆047◆ 関電の老朽原発、高浜原発1、2号機運転延長担当の課長が自殺

~過密な規制委審査に、負担が集中(2016年4月)

◆046◆ 関電争議と関電の原発推進政策、ビラまきへの妨害

電力労働運動近畿センターについて、『関西電力の誤算』ほか
今も関電社員による「ビラ回収」(2020年)

◆045◆ 原子力規制委員会による原子力規制検査等の結果(2021年)

◆044◆ 関電の顧客軽視、ユーザー目線の欠落は生来の体質

~2015年4月、経産省、電気料金値上げ審査会合にて
~「関電には事業者としての誠意が感じられない」

◆043◆ 芦生の美しい自然と、対極の関電

~関電のダム計画、金銭で人の心を奪い取る~(~2006年)

◆042◆『はとぽっぽ通信』の追及

~河内川(こうちがわ)ダム建設工事の不正支出金疑惑~(2016年~)
~闇に消えたダム補償金(福井県の公金)は、関電に流れたのではないか~
→連載記事はこちら

◆041◆「関西電力良くし隊」からの内部告発~~文書5通(2019年)

◆040◆ 関電、送電線設備をめぐる談合で独禁法違反…2014年

◆039◆ 大阪国税局から指摘された所得隠し…2009年、2011年

◆038◆ eo電気、関電の原発隠し別働隊

【付 関電の連結子会社】

◆037◆ 関電、あちこちで醜い姿。朝日新聞ネット記事へのリンク

  • (1) 関電のドン側近 内藤千百里が語った元森山栄治助役(2019年報道)
  • (2) 関電が能登で原発計画 立地「工作班」の証言(2020年報道)

◆036◆ 関電のカネと社内権力抗争

【付 総括原価方式】

◆035◆ 関電と元高浜町助役、癒着の闇 (2)

~金品問題発覚後も元助役側から高値で土地を賃借(2021年報道)

◆034◆ 関電と元高浜町助役、癒着の闇 (1)

~原発の残土工事で増額分を関電が負担(2021年報道)

◆033◆ 老朽美浜3号機、内部告発やトラブルが続く(2021年)

◆032◆ 送電線保安業務で架空発注のコンプライアンス違反 6件(2021年)

コンプライアンス委員会の調査で、さらに20件の指摘(2022年)
【付 コンプライアンス委員会と関西電力グループ行動憲章】

◆031◆ 関電は美浜3号機の使用済み燃料の交換可能年数を2倍に水増し(2021年)

◆029◆ 関西電力労働組合はどうか、労組の役割はどこに?

◆028◆ コロナクラスター発生でも原発は運転(2021年)

◆027◆ 配管に4cmの穴でも運転継続(2021年、大飯3)

循環水管ベント弁付近からの海水漏れ

◆026◆判(名古屋地裁)では老朽化の原データ提出を拒否(2020年)

ようやく出したデータをみると、ひどい手抜き検査が歴然(2022年)
手抜き検査で福井県知事などに要請書(2022年)
【付 中性子照射脆化(ぜいか)】

◆025◆ 老朽美浜3号機の「フィルター目詰まり」の重大な意味(2021年)

◆024◆ カルテル(不当な取引制限)の疑いで二度の立ち入り検査(2021年)
    関電主導のカルテルなのに、関電は課徴金なし(2022年)
    「主犯」が真っ先に「自首」して罰を免れる
    【付 課徴金減免制度(リーニエンシー)】

◆023◆ 杜撰なアスベストの処理(2021年)

◆022◆ 違法な資格取得、少なくとも197人(2021~22年)

◆021◆  蒸気発生器で伝熱細管の損傷が多発(2018~22年、高浜3、4)

◆020◆ クチコミサイトにみる関電社員の声(2019年)

◆019◆ 配管溶接部に深い傷があっても運転継続を主張(2020年、大飯3)

◆018◆  関電の原発マネー不正還流は、最悪の幹部腐敗!(2019年発覚)
    会社訴訟と株主訴訟がはじまる!
    市民が大阪地検に告発する!(2019年12月、2020年10月受理)
    告発の後の経過→◆072◆(【4】刑事告発、その後の経過[2021年~])

【付 幹部20人の不正受領金品の一覧】
【付 責任追及裁判は会社訴訟と株主訴訟の二つ】
【付 関電金品問題、福井県職員109人も受領】

◆017◆ 役員報酬等の闇補填で、国税局から追徴課税(2021年)

◆016◆ 卸電力市場で価格暴騰を引きおこす(2020~21年)

◆015◆ 市民団体との対応拒絶、欠ける「お客様」概念

◆014◆ 福井県知事はドタバタ劇を演ずるダイコン役者(2020~21年)

【付 エネ庁の暗躍】

◆013◆ さんざん高浜町に迫った挙げ句に再稼働できず(2021年)

◆012◆ 【2/10 追記】使用済み核燃料の県外搬出、中間貯蔵候補地で

関電が何回もくりかえす空約束(1997~2023年)の果て
原発サイトの乾式貯蔵施設へ
(2024年)
【付 使用済み核燃料の中間貯蔵施設~西川知事から杉本知事へ】
【付 関電の使用済み核燃料搬出計画(2023年10月)】
【付 むつ市の「使用済燃料中間貯蔵施設」】

◆011◆ 特命発注で地元企業に特別の便宜(2021年)

◆010◆ 安全文化の欠如でクレーン倒壊(2017年)

◆009◆ 再稼働を急ぐ老朽原発で労災人身事故が多発(2019~21年)

CO 中毒労災事故は責任をめぐって裁判(2022年~)

◆008◆ 社長が「労災防止」を誓った3日後にも重傷労災(2020年)

◆007◆ 裁判にみる関西電力の劣化~地下構造図の縮尺を1:4にして提出(2019年)

◆006◆ 大飯原発1、2号機の突然の廃炉決定(2017年)

◆005◆『関西電力 反原発町長 暗殺指令』(2011年)

◆004◆ 美浜原発3号機で 死亡5名、重軽傷6名の重大事故(2004年8月9日)

◆003◆【2/21 追記】高浜原発用のMOX燃料製造データ改ざんを隠ぺい(1999年)

【付 (10) ◆大手電力がプルトニウムの所有権を交換(2024年2月) 】

【付 (9) ◆高浜原発のMOX燃料 】

【付 (8) ◆MOX燃料を使っている原発と不良品多発問題 】

【付 (7) ◆MOX燃料の経済性 】

【付 (6) ◆MOX燃料の危険性 】

【付 (5) ◆毎日新聞の連載「迷走プルトニウム」(2022年9月 】

【付 (4) ◆廃止措置中の東海再処理施設も難題山積 】

【付 (3) ◆核燃料サイクルと会計問題…再処理等拠出金法 】

【付 (2) ◆核燃料サイクルとその破綻 】

【付 (1) ◆MOX燃料をめぐる資源エネルギー庁との交渉 】

 
◆002◆ 美浜原発2号機で緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動(1991年)

◆001◆【2/10 追記】 1973年、関電の美浜原発1号機で核燃料棒の折損が発見されるも、
    4年近く事故の存在を隠ぺいし、その上、発覚後は虚偽の説明か?

┌──────────────────────────────────────────────────────────┐

老朽原発うごかすな!実行委員会
[Blog → こちら

・・・

原発の電気はいらない署名@関西
[Web → こちら

└──────────────────────────────────────────────────────────┘