◆関西電力 闇歴史◆026◆

┌─────────────────────────────────
◆裁判では老朽化の原データ提出を拒否【 中性子照射脆化(ぜいか)】
└─────────────────────────────────

▲関電の原子力事業本部(美浜町、賄賂の舞台)
「安全を守る。それは私の使命。我が社の使命」

【老朽原発40年廃炉名古屋訴訟(高浜1、2号機、美浜3号機が対象)にて】

 重要な争点の一つが、取り替え困難な原子炉容器の中性子照射脆化(ぜいか。金属が中性子を浴び続けるとねばり強さを失いもろくなること)の問題。関電の評価結果では、脆性遷移温度(ぜいせいせんいおんど。金属は一定の温度以下になるとねばり強さを失いもろくなる、その境界となる温度のこと。中性子を浴び続けると脆性遷移温度は上昇 )が全国の原発の中でももっとも高い温度99℃(60年予測時点)と評価されている高浜1号機 のデータ数が異様に少ない

 そこで、これまで原告は、参加人・関電に対して監視試験片(原子炉容器に同じ鋼材の試験片を入れておいて、中性子を浴びてどのくらいもろくなったかを定期的に取り出して試験をする)の原データを提出するよう求めてきたが、一向に提出されない 。被告・国の方はといえば、関電から受け取っていない、認可に当たって原データを確認しなくても問題ないと開き直っている。 仕方がないので、原告側は、裁判所が提出を命令する手続きを使うこととし、高浜事件の方で手続き(2020年7月13日付)をしている。

【老朽原発40年廃炉訴訟市民の会 8/4 午後の美浜の口頭弁論より】
 露木洋司弁護士が、当訴訟で最も重要な問題の一つとして主張している中性子照射脆化問題のうち、破壊靭性(じんせい)遷移曲線(グラフの左から右に上昇する曲線。緊急時に原子炉容器が冷却水で一気に冷やされ収縮した時に、外面との温度差で強い引っ張り応力がかかる<加圧熱衝撃(PTS)>。この時に内面にひび割れがあると、ひびを広げようとする力を受けるが、原子炉容器の鋼材がこの力に耐えられる靭性=粘り強さを評価した曲線。長年、中性子を浴び続けると粘り強さは低下します)の評価式自体の不合理性などについて、被告・国の反論への反論を行いました。

【上の解説、以下のデッドクロス の図解は 老朽原発40年廃炉名古屋訴訟市民の会Facebook、またはその「デンジャラス君通信 No.17」による】

【破壊靭性遷移曲線(左上)と加圧熱衝撃状態遷移曲線(右下)のデッドクロス】

【中性子照射脆化の著しい(=とくに危険な)原発】
廃炉原発6基を除けば、関電の原発ばかり4基!
その4基のうち3基が40年超えの老朽原発!

【ワーストテンの原発】
(1) 高浜1…脆性遷移温度99℃(試験時期:2009)。
緊急炉心冷却装置の作動などで、99℃より低温になると,割れる可能性。
(2)~(5)廃炉(玄海1,美浜2,美浜1,大飯2)
(6) 高浜4…脆性遷移温度59℃(試験時期:2010)。現在,稼働中
(7) 美浜3…脆性遷移温度57℃(試験時期:2011)。現在,稼働中
(8)~(9)廃炉(敦賀1,福島1)
(10) 高浜2…脆性遷移温度40℃(試験時期:2010)
(『原発はどのように壊れるか 金属の基本から考える』 小岩昌宏・井野博満 著)