投稿者「meisei」のアーカイブ

◆9/9の第30回口頭弁論の報告
 ~救援新聞より

  • 救援新聞 京都版No.1436 2021年9月25日
    橋本宏一(日本国民救援会京都府本部 事務局長)

〝原発事故はすべてを奪う″

大飯原発差止京都訴訟第 30 回口頭弁論

◆関西電力と国を相手に京都などの 3,323 人の住民が起こした大飯原発差止訴訟の第 30 回口頭弁論が9月9日京都地裁(第6民事部池田知子裁判長)101 号法廷で開かれました。コロナ禍の入場制限がされるなか、原告弁護団 10 人、原告・傍聴人約 50 人で法廷にのぞみました。今回の裁判では、原告の吉永剛志さんの意見陳述と渡辺輝人弁護団事務局長が第 84 準備書面の要旨の陳述をしました。以下はその要旨。

若狭で原発事故が起これば・・・ 吉永剛志さん

 京都市下京区に住み、NPO法人「使い捨て時代を考える会」常任事務局、会がつくる有機農産物宅配会社、「安全農産供給センター」の役員をしている。会員 1500 人程度、有機農業生産者など農業従事者とよく会う。そこで、もし若狭の原発に事故が起こったらこの農業関係者はどうなるのか考える。

 有機農業は、無農薬・無化学肥料で、多品目の栽培をする農法。自然と人体に害を与える過度な農薬と化学肥料を極力減らして地球環境にも人にも優しい農業。1970 年に始まり、当初は「変わり者」扱いされたが、市民運動の力も借りて独自に市場と流通をひらいた。市民権を得て 21 世紀には有機農業推進法も制定、政府は今年になり、50年まで有機農業のシェアを現在の 0.5 パーセントから 25 パーセントにすると発表している。府内外から有機・自然農法に興味をもった若者もふえている。

 私は、原発事故直後、つきあいのある福島の有機農家を訪ねた。いままで築いた供給ネットワークが「安全ではないから」と半分以上失われていた。放射能検査をしているにもかかわらず。安全、安心なものをつくろうと人一倍努力してきた成果がこわされた打撃は大きかった。

 もし若狭で原発事故が起こり、琵琶湖が汚染され、京都の田畑が汚染されたらどうなるか。私の訪ねた福島の農家は原発から 60 キロ圏で、若狭の原発から私のいる距離と変わらない。苦労して育てた土壌を捨てて他で農業ができようか。土づくりまで数年を要し、毎日の土の手入れで土壌を育て、野菜を売る顧客を口コミで拡大するなど長年かけた信頼があってこその有機農業。これらがすべて失われ、「残念でしたね。避難してください。逃げてください。はい、逃げました」とできるのか。

 京都の有機生産者に福島の生産者たちと同じ思いを繰り返させたくない。原発に力を入れるよりも、有機農家が動きやすく、将来性ある環境をつくることの方がよほどこれからの社会のためになる。

〝画餅(がべい)″の避難計画・・・渡辺輝人弁護士

 舞鶴市は、市域をA~Fゾーンに分けて避難計画を策定している。そのDゾーンにある明倫小学校区は、緊急時防護措置準備区域(UPZ)とされ、避難する際は必ず「避難中継所」に立ち寄ることとされている。一度に多くの住民が避難すること自体が極めて困難だが、中継所に丹波自然運動公園を指定、ここで除染を行うこととされている。だが除染の準備は整っていない。中継所の機能そのものがない。風向きにより丹波自然運動公園が高濃度の汚染スポットになるリスクも十分あり得る。さらに福知山市の三段池公園、長田野公園体育館も同様だ。

 志楽小学校区(5592 人)についても、避難が可能だとして避難先を見るに、避難先が被災していないか、避難施設が受け入れ可能かを確認してからの避難実施となる。京都市東山区、北区、中京区の避難所に分散避難となるが、居住地域と避難先が対応していない。住民がバラバラに分断されてしまう可能性が高い。

 朝来(あさご)小学校区(3189 人)、大浦小学校区(2094 人)も同様である。避難での地域の一体性などは無視される。中舞鶴小学校区(9223 人)は、人口の多い東舞鶴駅周辺を含み、避難先は左京区の大型施設。自治会ごとの対応はほとんどなく、避難所に入れるかどうかも不明確。

 「避難者受け入れ」の京都市側にそもそもの準備ができていない。例えば、元立誠小学校、元清水小学校など避難所に指定されながら校舎が解体され敷地が民間のホテルに転用されていたり、校舎そのものがホテルになっていたりする。統廃合で施設も「子ども未来館」になったり、定員増で小学校として再度開校したりしている。避難先として使用できないところも多い。

 避難者は、UPZ(30㎞)圏内に限らない。福島の場合、自主避難者も多く、この避難者にどう対応するか、舞鶴市民の数倍に当たる避難が想定されるが施設は現実にない。施設は過密で非人間的でなく、感染症の予防にも対策を立てたものでなければならない。

 京都市は、舞鶴市などからの大量の避難者がやってきた場合の公共施設の使用と、それに伴って市民が使用できなくなる事態についてまったくといってよいほど説明していない。市民とのコンセンサスを得ようとの努力もみられない。京都市民自身が避難対象となる可能性すらあり、避難計画自体が画餅に等しい。

裁判報告集会で決意固め合う

 裁判終了後、京都弁護士会で報告集会が開かれました。ここでは、竹本修三原告団長のあいさつ(写真)のあと、出口治男弁護団長(写真右端)もあいさつし、「病気療養でしばらく休んでいましたが、復帰しました。久しぶりに、原告吉永さんの地に足をつけたお話は力強い訴えでした。みなさんと力を合わせてがんばりたい」と語りました。ひきつづき、主張と立証をつくして、脱原発のたたかいを広げていくことを誓い合いました。

◆次回口頭弁論期日は、11 月 16 日(火)午後 2 時 30 分から、101 号法廷で。

◆9/9 第30回口頭弁論の報告

2021年9月9日(木)に京都地裁で第30回口頭弁論が開かれました。

  • 模擬法廷&報告集会は、弁護士会館で行いました。
  • 開廷前の裁判所周辺デモは、コロナ緊急事態をかんがみて、中止にしました。
  • 事前のお知らせチラシ→こちら
  • 開廷は14:30より、京都地裁1階の大法廷にて。参加者は、前回同様に制約されました。原告席の原告は6名のみ(他に弁護団10名ほど)。傍聴席は半分ほどに制約され、42席ほどありましたが、リストバンド配布時点では無抽選で全員傍聴できることとなりました。その後、傍聴者が来て、最終的に残席はなくなりました。なお、関電の傍聴者が5名ほどいました。
  • 原告の意見陳述は、京都市の吉永剛志さん(使い捨て時代を考える会)。有機農業の生産者にとって原発とは何か、などの問題点を指摘しました。
  • また、弁護団より3つの準備書面が提出されました。
  • 以上、原告の意見陳述、弁護団からの準備書面は→こちら
  • 閉廷後,「弁護士会館」で報告集会が開かれ,弁護団からは準備書面の解説があり、原告団からは活動報告などを行いました。会場カンパ、感謝いたします。
     

    出口治男弁護団長の挨拶。

    報告集会で、出口治男弁護団長の挨拶。

     

◆9/9 第30回口頭弁論 原告提出の書面

┌─────────────────────────────────
【原告】裁判資料ーー準備書面、意見陳述こちらへ
└─────────────────────────────────
┌─────────────────────────────────
【原告】裁判資料ーー証拠説明書と書証(甲号証)→ 以下に
└─────────────────────────────────


第84準備書面 関係]証拠説明書 甲第592~594号証
(2021年9月1日)

・甲第594号証…舞鶴市原子力災害住民避難計画
 甲594-1 朝来小学校区(A、Bゾーン)
 甲594-2 大浦小学校区(A-2、Bゾーン)
 甲594-3 志楽小学校区(A、Bゾーン)
 甲594-4 新舞鶴小学校区(B、Cゾーン)
 甲594-5 与保呂小学校区(Cゾーン)
 甲594-6 中舞鶴小学校区(Cゾーン)
 甲594-7 倉梯第二小学校区(Cゾーン)
 甲594-8 倉梯小学校区(Cゾーン)
 甲594-9 三笠小学校区(Cゾーン)
 甲594-10 余内小学校区(C、Dゾーン)
 甲594-11 池内小学校区(C、Dゾーン)
 甲594-12 明倫小学校区(Dゾーン)
 甲594-13 中筋小学校区(Dゾーン)
 甲594-14 吉原小学校区(Dゾーン)
 甲594-15 由良川小学校区(D、Eゾーン)
 甲594-16 福井小学校区(D、Eゾーン)
 甲594-17 高野小学校区(D、Eゾーン)
 甲594-18 岡田小学校区(E、Fゾーン)

甲第593号証
令和2年舞鶴市統計書(抄)

甲第592号証
原子力災害対策重点区域の人口分布


★[第83準備書面 関係]証拠説明書 甲第591号証
(2021年9月1日)

甲第591号証
口頭弁論要旨 吉永剛志さん


第82準備書面 関係]
(2021年9月1日)

・証拠なし


【注】裁判資料ページ全体の構成変更にともない、第27回口頭弁論から、前回までのタイトル「原告提出の書証」を、「原告提出の書面」に変更しています。内容的には、証拠説明書と書証を掲載している点で、ほぼ同じです。(ページの上のプルダウンメニューから入る場合と、右の更新情報から入る場合と、両方に対応する形にしました。)


◆9/9 第30回口頭弁論のお知らせ

・すべての原発を止める第一歩として大飯原発3、4号機の運転差止を求める私たちの裁判は、9月9日に、30回目の期日となります。
・コロナウイルスの感染拡大のため、原告席は大幅に、傍聴席は半数程度に削減されています。
・しかし、可能な範囲で多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

◆弁護団の準備書面
・国家賠償法上の違法性について…大河原 壽貴 弁護士。
・地震について関電の主張に対する反論…谷 文彰 弁護士。
・避難計画、受け入れ側の対応困難性について…渡辺 輝人 弁護士。原発事故で避難が必要になった場合、原発に近い舞鶴市民の避難先は、風向きによっては京都市(ほか宇治市、城陽市、向日市)となります。京都市が65,000人の舞鶴市民を受け入れることができるでしょうか。

◆原告の意見陳述
・京都市の吉永剛志さん(使い捨て時代を考える会)。有機農業の生産者にとって原発とは、大飯原発で事故が起こった場合の避難の困難性。

◆タイムテーブル
・12:10…裁判所構内の南東角、弁護士会館の前に集合中止です。
・12:15…裁判所周辺の定例デモに出発。13:00頃までデモは中止です。
・13:25…傍聴券の抽選リストバンド配布開始。地裁北玄関前。傍聴は誰でも参加可能
・13:40…裁判所による傍聴席の抽選リストバンド配付終了
 直ちに抽選→傍聴券の配布
 抽選にもれた方、入廷を希望されず模擬法廷に参加される方は
 14:30までに「弁護士会館」の模擬法廷へどうぞ
・14:30…開廷、弁論開始。同時刻に模擬法廷も開始
・15:45頃から…閉廷後、「弁護士会館」で報告集会。30~60分程度

・ML登録をされている原告には、メール配信いたします。
・郵送を希望され登録済みの原告には、郵便でご連絡します。
・以下の画像のPDFファイルは、こちら。ファイル名は「2021-09-09.pdf」

 

 

 

◆7/3、第9回原告団総会の報告

◆京都脱原発原告団は,「原発の再稼働を許さず,すべての原発を廃炉に」と、7月3日(土)ハートピア京都(京都市中京区)と、オンラインZoomとで、第9回原告団総会を開きました。

◆総会案内のクロネコメール便…発送数は 2,766通。不達戻りについては、今後、メールや郵便で、住所変更の問い合わせをします。

◆当日の参加者数は、会場参加40名、Zoom参加35名。今回は、コロナ下でもあり、原告以外に積極的な宣伝をしてこなかったので、数は少なくなりました。ただ、7/3総会当日は、関電が大飯原発3号機の運転を再開することになり(一次系スプレー配管の損傷で昨年から配管取り替え工事をしていた)、京都からの抗議行動参加者は早朝よりマイクロバスでおおい町に出かけたりしていますので、その影響もあったと思われます。

◆Zoom参加者の数は注目できる水準でした。設定上で不案内な点が多々ありましたが、世話人のかたや原告らに全面的に支援してもらい、うまくいきました。今回の総会は、今後の総会運営(Zoom併用での開催)の糧になると思われます。

◆総会の記念講演は、避難問題にテーマにした内容で、3月の水戸地裁判決との関係でとくに時宜にかなったものでした。講師の池田豊かさんは、現地を地道に調査して避難の困難性、自治体行政のあり方を問題視されてきました。そうした問題意識がよく理解できる内容でした。

◆会場でのカンパ集約は、3万円ほどでした。オンライン参加の方からもカンパを出してもらえる方法があると良いのですが(^ ^;;

◆受付配付資料、講演(池田豊さん)の講演資料は、原告団Webサイトからダウンロードできます→ こちら

◆汚染水海洋放出反対の決議文は、(1)内閣総理大臣 菅義偉 様、(2)経済産業大臣 梶山弘志 様、(3)環境大臣 小泉進次郎 様、(4)東京電力ホールディングス株式会社 代表執行役社長 小早川智明 様あてに送付済み。

◆なお、原告の方が、オーストラリアの知人に決議文を送られたとのことで、以下の返信メールが来たという報告がありました。
*****
福島原子力発電所に関する最新情報をありがとうございます。
この情報を、賛同してくれそうな多くの人に伝え、決議文のコピーをメールで回覧しました。この訴訟の原告団総会の決議文を翻訳したものは、重要な問題点を明確にしていますね。
*****

◆講師の池田豊さんより
・講演の機会をいただき、大変感謝しております。
・現在全国の立地・周辺自治体にある自治体問題研究所に呼びかけて、避難計画に関する自治体調査を実施する計画を進めております。何とか年内にはまとめられるようにしたいと考えております。その時はご連絡させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

◆感想、意見など
・行きたかったのですが、高齢の母の中距離介護もしているのでZoom参加にさせていただきました。たいへん学ぶことの多い総会でした。
・私も母の介護で世話人として何もできず、申し訳ありません。避難について、大変勉強になりました。今回のZoom、会場に行けない場合、便利でとても良かったと思います。Zoomについては、感じ方に個人差があるようですが、私は全然違和感なくエンジョイしてます。その場にいるような臨場感があります。
・日頃のご尽力に感謝し敬意を表します。昨日の総会にZoomで参加しました。記念講演は、行政現場の視点からの説得力のある内容で、たくさんのことを学ばせていただきました。一緒に聴視した家族の参加申込書を添付します。


【このページの最初に戻る】


◆7/3、第9回原告団総会、当日配付資料などのダウンロード

(1) 当日の配付資料は、以下にPDFファイルで公開し、すべての原告や関心のある方々にダウンロードしていただけます。ただし、会計報告のページのみ白紙にしていますので、原告の方で、会計報告を見たいという方は、個別に原告団事務局にメールなどでご請求ください。
こちら。ファイル名は「2021-07-03–Web2.pdf」。

(2)記念講演の資料も、同様にダウンロードしていただけます。
こちら。ファイル名は「ikdedaorg–2021-07-03.pdf」

◆7/3、第9回原告団総会、Zoom参加について

┌─────────────────────────────────
7/3 第9回原告団総会 オンライン参加について
└─────────────────────────────────

◆今回の原告団総会は、ハートピア京都の会場と、Zoomミーティングのオンライン配信の両方で開催します。オンラインで参加するには、以下のアドレスにアクセスしてください。
→ https://us02web.zoom.us/j/89707259148?pwd=TjMvWU1OVTEwQUtaNlIzRnlVaFdRUT09
(上記アドレスでは、ワンクリックでアクセスできますが、ミーティングIDとパスコードを入力する場合は、ミーティングID:897 0725 9148、パスコード:20210703 となっています)

◆◆原告団総会の配付資料は、原告団のWebサイトで公開し、すべての原告や関心のある方々にダウンロードしていただけるようにしています。講演者の資料も同様です。ただし、サイトでの公開資料は会計報告のページのみ白紙にしていますので、原告の方で、会計報告を見たいという方は、個別に原告団事務局にメールなどでご請求ください。

◆◆◆原告団総会は、13:30開始、16:30に終了予定です。
Zoom配信は、12:30頃からテストをはじめる予定で、終了は17:00頃の予定です。

┌─────────────────────────────────
Zoomミーティングに参加する方法
└─────────────────────────────────

◆Zoomミーティングに参加する前に、まずZoomをインストールします。

(1) パソコンから参加する場合は、Zoomを事前にインストールする方法と、インストールせずにブラウザ(Internet ExplorerやChromeなど)から参加する方法がありますが、ZoomをPCにインストールした方が簡単で便利に利用できます。以下から、無料アカウント登録を行います。
→ https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

(2) スマートフォンやタブレットで参加する場合は、初回のみまずZoomアプリをインストールする。
→iPhone、iPad の場合…https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
→Android の方の場合…https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

(3) 以上のくわしい説明は、下記サイトを参照ください。
→ https://www.crie.co.jp/setouchi/column/409/

◆◆Zoomのインストールが完了したら

(4) 以下のURLをクリック。
→ https://us02web.zoom.us/j/89707259148?pwd=TjMvWU1OVTEwQUtaNlIzRnlVaFdRUT09

(5)「ミーティングを起動」または「Zoom Meeting を開く」をクリックすると、Zoomミーティングに参加できます。

┌─────────────────────────────────
オンライン参加についての注意点
└─────────────────────────────────

(1) 講演中は、参加者の皆さまのマイクは、ミュートにさせていただきます。

(2) Zoom画面は、スピーカービューでご覧いただくと(画面右上で選択)、発言者が大きく映ります。

(3) 講演内容について質問のある方は、チャットで意思表示をお願いします。
司会から指名させていただきますので、マイクのミュートを解除してお話しください。
ただし、質問は会場を優先させていただきますので、ご容赦ください。
(チャットにお書きいただければ、後で当方で確認できます。)

(4) 講演や、原告団からの報告についての感想やご意見は、チャットで提出してください。 終了後、しばらくの間、Zoomを接続したままにしておきます。

(5) 原告団事務局からの報告、大会スローガン、汚染水放出反対の特別決議は、参加者の皆さまの多数の賛成で採択します。
オンライン参加者は、画面下のメニューから「リアクション」を選択していただき、「手を挙げる」「拍手」「いいね」などを選択して意思表示をお願いします。

(6) この原告団総会は、記録のため録画しています。不都合がある方は、カメラをオフにするなど、ご注意ください。

(7) チャットとは
・マウスを画面下に移動すると、メニューが表示されます。画面下に表示されるメニューの「チャット」というボタンを押します。
・画面右側にチャット画面が表示されます。
・右下の「ここにメッセージを入力します」という箇所にメッセージを入力します。
・パソコンの[Enter]ボタン を押すと送信されます。

◆5/27の第29回口頭弁論の報告
 ~救援新聞より

  • 救援新聞 京都版No.1428 2021年6月15日
    橋本宏一(日本国民救援会京都府本部 事務局長)

避難計画なき原発稼働停止を!

大飯原発差止京都訴訟第29回口頭弁論

◆関西電力と国を相手に京都などの3,323人の住民が起こした大飯原発差止訴訟の第29回口頭弁論が5月27日京都地裁(第6民事部池田知子裁判長)101号法廷で開かれました。コロナ禍の入場制限がされるなか、傍聴券を求めて65人が参加。弁護団10人、原告席の7人とともに法廷での原告、弁護団の意見陳述を見守りました。弁護団は3通の準備書面を提出、要旨を渡辺輝人事務局長が述べました。

◆意見陳述に立った原告の西村敦子さんは、避難の困難性について、原発事故の際、京都市は舞鶴市からの避難者8万人を受けいれる計画をつくることになっているが、京都市内の実効ある避難計画ができていない。なのにどうやって避難を受け入れられるのか、避難など到底できないと、指摘し、「原発事故は自然災害でなく人災。原発を運転しなければ大事故の危険性はなくなる。大飯及び高浜原発の運転をただちにやめてもらいたい」と訴えました。

◆渡辺弁護士は、水戸地裁判決(3月18日、日本原子力発電株式会社に対し「避難計画の不備」を理由に東海第二原子力発電所の原子炉の運転中止を命令」を取り上げ、基準は大飯原発にも当てはまるとして、次のように述べました。
―深層防護第5レベル(原発事故を幾重にも想定してレベル毎の防護基準を定めてある)において、事故が起こった場合30キロ圏内(住民94万人)から避難することは困難であり、自治体において避難を実行する計画が整っていなければ、人格権侵害の具体的危険があるとした。大飯原発も実効性のある避難計画はないこと、京都府北部の、土砂崩れや道路寸断、集落の孤立などを準備書面で指摘してきた。政府、府、各自治体でのこれに対する防災計画が策定されておらず、海路で船舶が使用できないことも明白。水戸地裁基準での圏内を大飯原発に当てはめれば、16万人の生活区域になる。8万5千弱が京都府民、うち舞鶴市民が8万弱を占める。関東平野にある東海第二原発と違い、湾岸と山間の地域で経路も限られ、16万人の住民が整然と避難するなど到底不可能。自治体職員も対応できない。―

◆閉廷後、「弁護士会館」で報告集会が開かれ、弁護団からは準備書面の解説があり、原告団からは吉田明生事務局長が活動報告などを行いました(写真は報告する渡辺輝人弁護士。座っているのが中島晃弁護団長代行)。
 

◆次回30回口頭弁論は、9月9日(木)午後2時30分から、101号法廷で。

◆第9回原告団総会のおしらせ
7月3日(土)午後1時30分~
ハートピア京都ホール
地下鉄烏丸線「丸太町」下車すぐ
記念講演「地震大国日本と検証されない避難計画」
講師:池田豊氏(京都自治体問題研究所)
弁護団報告、原告団報告など

◆5/27 第29回口頭弁論の報告

2021年5月27日(木)に京都地裁で第29回口頭弁論が開かれました。

  • 模擬法廷&報告集会は,こども未来館を予約していましたが、コロナ緊急事態のため休館で、使用不可になりました。模擬法廷&報告集会は、弁護士会館に変更しました。また、開廷前の裁判所周辺デモは中止にしました。
  • 100部用意した資料の残部が35でしたので、総参加者は65名。デモが中止で、雨が強かったため、参加者は以前より少ない数でした。
  • 事前のお知らせチラシ→こちら
  • 開廷は14:30より、京都地裁1階の大法廷にて。コロナウィルス蔓延の影響のため,参加者は,制約されました。原告席の原告は7名のみ(他に弁護団10名ほど)。傍聴席は半分の44席ほどありましたが、無抽選となりました。最終的に残席は1席のみ。なお、関電の傍聴者が5名ほどいました。
  • 原告の意見陳述は、藤井悦子さんでした。避難の困難性について、原発事故の際、京都市は舞鶴市からの避難者8万人を受けいれる予定になっていることの問題点を指摘しました。
  • また、弁護団より3つの準備書面が提出されました。
  • 以上、原告の意見陳述、弁護団からの準備書面は→こちら
  • 閉廷後,「弁護士会館」で報告集会が開かれ,弁護団からは準備書面の解説があり、原告団からは活動報告などを行いました。3人がけのテーブルに椅子が1つで、会館側がかなり間隔をとって配置していました。そこにちょうど良いくらいの人数でした。会場カンパは、19,049円でした。ありがとうございました。
     
     

◆5/27 第29回口頭弁論 原告提出の書面

┌─────────────────────────────────
【原告】裁判資料ーー準備書面、意見陳述こちらへ
└─────────────────────────────────
┌─────────────────────────────────
【原告】裁判資料ーー証拠説明書と書証(甲号証)→ 以下に
└─────────────────────────────────


第81準備書面 関係]証拠説明書 甲第589号証
(2021年5月18日)

甲第589号証
水戸地判令和3年3月18日(東海第二原発差止訴訟)


★[第80準備書面 関係]証拠説明書 甲第586~588号証
(2021年5月18日)

甲第588号証
NHKニュース

甲第587号証
準備書面26に対する反論_0415

甲第586号証
準備書面25に対する反論資料_0331


第79準備書面 関係]証拠説明書 甲第584~585号証
(2021年5月18日)

甲第585号証
舞鶴市原子力災害住民避難計画平成31年3月19日改訂版

・甲第584号証 → 差替で甲590号証。584号証は欠番。
口頭弁論要旨 藤井悦子さん


★[第73準備書面 関係]証拠説明書528号証の2(追加)
(2021年5月18日)

甲第528の2号証
追加、抄本提出用


【注】裁判資料ページ全体の構成変更にともない、第27回口頭弁論から、前回までのタイトル「原告提出の書証」を、「原告提出の書面」に変更しています。内容的には、証拠説明書と書証を掲載している点で、ほぼ同じです。(ページの上のプルダウンメニューから入る場合と、右の更新情報から入る場合と、両方に対応する形にしました。)