「京都原発裁判支援ネット」より

┌─────────────────────────────────
このページは「京都原発裁判支援ネット」によるものです。
└─────────────────────────────────

→ [1] 京都原発裁判支援ネットについて

  • 京都地裁で始まった「大飯原発差止訴訟」(2012年11月29日提訴)と「原発賠償京都訴訟」(2013年9月17日提訴)との間で、お互いに協力して勝訴をめざすためのネットワークです。
  • 裁判の日程は、【こちら】にまとめています。

→ [2] 原発賠償京都訴訟(京都地裁→大阪高裁)

▲2017/9/29(京都地裁、結審の日)。地裁前。

  • 福島原発事故による被害に対して、避難する権利、とどまる権利、帰還する権利を訴える裁判。
  • 避難者として国と東京電力に、損害賠償を要求。
  • くわしくは原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会の → Blog、 → Web へ。
  • 京都訴訟(京都地裁)のほか、関西訴訟(大阪地裁)、ひょうご訴訟(神戸地裁)など、全国で提起されています。

[2018/3/15の京都地裁 判決]

  • 2018年3月15日,京都地裁で判決言い渡しがありました。判決書など関係書類は,支援する会のウェブサイトに掲載されています。→こちら
  • 現在、大阪高裁で控訴審。
  • 2021年12月16日に行われた控訴審第12回口頭弁論の報告こちら

→ [3] 大飯原発差止訴訟(京都地裁)

▲2017/11/1。京都地裁周辺デモ。 先頭の出口治男弁護団長(左)と,竹本修三原告団長(右)。

  • 京都脱原発弁護団・原告団による大飯原発運転差止を求める訴訟。
  • 福島第一原発の過酷事故(2011年3月11日~)のあと、国内の稼動原発はゼロの状態になっていました。ところが、福井県にある関西電力・大飯原発は、当時の民主党政権のもと2012年7月に再稼働が強行されました。
  • 京都脱原発弁護団・原告団は、大飯原発の運転差し止めと損害賠償を求め、2012年11月29日、京都地裁に1,107名の原告で提訴しました。その後、追加提訴を重ねています。
  • 2021年12月16日に行われた第31回口頭弁論の報告→こちら