◆関西電力 闇歴史◆060◆

┌─────────────────────────────────
◆入社式で、新入社員代表が
 「関西電力の当たり前が世の中の当たり前と乖離していないか」と発言
 ネットでは、やらせ、茶番を指摘するコメントが大半(2022年)
└─────────────────────────────────

 2022年4月1日、関電の入社式で新入社員が「関西電力の当たり前が世の中と乖離していないか」という辛辣なあいさつをしたという。朝日新聞デジタル→こちら

 新聞報道では「あいさつの内容は事前に会社側が確認しているという。厳しい文言を受け止めることで、風通しの良さを社内外に訴える狙いもありそうだ。」と書いてあるが、新入社員を利用して、自社宣伝をマスコミに載せてもらって、世間にアピールをしているに過ぎない。新聞記事にしてもらえれば、費用をかけずに自社の “改革” PRができる。利用された新入社員はいい面の皮だが、そんなことを新入社員にさせるな。役員が言っても世間からは信用されないので、一芝居打ったつもりかもしれない。世の中と乖離している関電の考えそうなことだ。

 ネットのコメントは1600件を超えているが(4/4)、「そもそも就活の段階で会社批判なんてしたら絶対採用しないし、そもそも世の中と乖離してるなんて意識を持っている学生は応募もしないでしょ。」など、大半が茶番劇を指摘し関電を批判している。
コメント→こちら

◆059◆ ←← 関西電力 闇歴史 →→ ◆061◆