◆関西電力 闇歴史◆056◆

┌─────────────────────────────────
◆使用済み巨大蒸気発生器(1基約300トン)、どうやって処理するのか?
 福井県内には既に計33基も積み上がっているが、
 国内に処理可能な施設はない!
└─────────────────────────────────

 蒸気発生器は、加圧水型の原子炉で温めた1次冷却水の熱を2次系の水に伝えて蒸気を生む熱交換器。原子炉容器1基について3~4基の蒸気発生器がある。1基は長さ約20メートル、直径約4~5メートルと巨大な円筒形の金属で、重さは約300トンになる。日本では、三菱重工神戸造船所などが製作し、輸出もしてきた。
 ただ、高温、高圧の水が流れるので、破損の危険が大きく、安全のために取り替えられることもあり、加圧水型原発のアキレス腱といわれる。原子炉で暖められた水(160 気圧 320℃)を蒸気発生器の中にある直径約 2cm の細管を通してその周りの水を沸騰させる。1基3000本ほどの細管の中を高圧高温水が流れるので、細管は多くの傷が付き、 1991 年美浜原発 2号機でとうとう細管がギロチン破断して多くの放射能が環境に放出されてしまった。このときは緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動した。(◆002◆)。それ以来、関電にとって想定外だった蒸気発生器の取り替えが始まった。蒸気発生器は、原子炉からの一次冷却水に汚染されているので、放射能が高く危険。
(蒸気発生器細管のトラブル→◆021◆

▼1:原子炉容器、2:蒸気発生器、3:循環ポンプ、4:加圧器(◆019◆

 関電の原発が集中している福井県では、廃炉になる原発も増え、使用済みの巨大な蒸気発生器が原発敷地内に既に33本も積み上がっている。1990年代、大飯3、4号機と高浜3、4号機を除く7基で、細管損傷などのトラブルが多かった蒸気発生器を改良型に相次いで交換した。これらの放射性廃棄物をどうやって処理するのか、国内に処理可能な施設はないだけに、今後の課題は大きい。これまでの規制では、原発の放射性廃棄物は国内ですべて処分するという原則であったが、政府は、処分を海外業者に委託できるように輸出規制を緩和することを検討している。国内に専用の処理施設がなく、発電所の敷地内で保管したままだと作業スペースが圧迫され、廃炉の妨げになると経産省は説明する。アメリカ合衆国やスウェーデンでは放射性廃棄物を国外から受け入れ、除染や溶融をしたうえで、金属素材などとして再利用するビジネスが確立しているという。
(朝日新聞 2019/9/19 →こちら

 放射性廃棄物の処理ができないままの原発推進は、まさに「後は野となれ山となれ」の典型。蒸気発生器のほかにも、1996年以降は、原子炉容器の上ぶたも応力腐食割れの予防策などのため全11基で取り換え、蒸気発生器と同じ保管庫に入れている。
金にまかせて海外に運び出すか
日本に経済力のある間はそれも可能かも
他の不都合な条件での交換取引を迫られるかも)、
そのまま積み上げて次の世代に先送りするか
となるだろう。二酸化炭素を出さないと言いながら、猛毒放射能を増やし続ける原発には、未来はない。近い将来の地球のためには、脱原発、脱炭素以外の道はない。

┌─────────────
巨大蒸気発生器、処分は 県内に計33基 国内に処理可能施設なし /福井
毎日新聞 2021/12/18 →こちら
▼放射性廃棄物となった蒸気発生器の数

└─────────────