◆原告第23準備書面
-熊本地震及び島崎邦彦氏の指摘などを踏まえて-
目次

原告第23準備書面
-熊本地震及び島崎邦彦氏の指摘などを踏まえて-

原告団第23準備書面 (PDFファイル 534KB)

2016年(平成28年)9月8日

目次

第1 熊本地震を受けて

1 M7クラスの地震が連続して発生したこと
2 M7クラスの地震の予知・予測は不可能であること
3 活断層の長さを調査によって明らかにすることは不可能であること
4 熊本地震で「階級4」の長周期地震動が観測されていること
5 地震動にはバラつきが大きいこと

第2 島崎邦彦元原子力規制委員会委員長代理の指摘を踏まえて

1 基準地震動の不合理性を具体的に指摘した島崎邦彦氏
2 活断層の長さを事前の調査によって明らかにすることは極めて困難
3 入倉・三宅の式(2001)を用いた場合の過小評価の危険性
4 大飯原子力発電所にも妥当すること
5 島崎邦彦氏の指摘は基準地震動がいかに矮小な知見に基づくものかを示すものでもある