◆9/8 第26回口頭弁論の報告

2020年9月8日(火)に京都地裁で第26回口頭弁論(裁判長交代に伴う更新弁論 )が開かれました。2020年4月から4人目の裁判長に代わり,この日から裁判官は,裁判長:池田知子,右陪席:光吉恵子,左陪席:荻原淳(京都地裁第6民事部)でした。

  • 当日,原告団より,下記2つの更新弁論がありました。
    竹本修三(原告団長)「地震国ニッポンで、原発稼働は土台無理スジ」
    福島敦子(原告団世話人)「水は清き故郷(ふるさと)でした」
  • このうち,原告団長の「地震国ニッポンで、原発稼働は土台無理スジ」という更新弁論 の 講演要旨(4ページ)と発表パワポ(5ページ)を示しておきます。
    ◆大飯原発差止京都訴訟 原告団長 竹本修三 報告集 → こちら
  • 当日の12:15から定例の裁判所周辺デモがありました。弁護士会館前正面入口を出発点として,富小路通を北上し,丸太町通を西に曲がり,柳馬場通りを下がって戎川通を東に折れて,寺町通を北上して,丸太町通りを西に曲がるコースです。
  • 14:30より京都地裁1階の大法廷で 第26回口頭弁論が開かれましたが,コロナウィルス蔓延の影響のため,参加者は,原告席・傍聴席ともに,通常の1/3以下しか入れませんでした。
  • 14:30から鴨沂高校の北側の「鴨沂会館」で模擬法廷が開かれましたが,多くの人がそれに参加してくれました。氏名記入者は,45 名でした。
  • 閉廷後,「鴨沂会館」で報告集会が開かれ,約75名が参加しました。

    鴨沂会館での報告集会

    鴨沂会館での報告集会