◆原告第67準備書面
-被告関西電力関西電力準備書面(22)に対する反論等-
目次

原告第67準備書面
-被告関西電力関西電力準備書面(22)に対する反論等-

2019年11月22日

原告提出の第67準備書面

目次

第1 被告関西電力の主張

第2 地盤は堅硬ではないこと
1 基本的な誤り
2 「軟質化し軟らかい」CM級が広く分布しており堅硬な岩盤が大きな高低差なくほぼ水平に広がっているとはいえないこと
3 RQDの値が低く「普通」水準にも遠く及ばないこと
4 最大コア長の平均値が小さく堅硬な岩盤とはいえないこと
5 P波速度が場所によって大きく異なっており堅硬でないことを示すこと
6 岩級区分・RQD・最大コア長・地震波伝播速度の各検討結果に整合性があること
7 平成28年2月の事業者ヒアリングにおける被告関西電力の説明
8 まとめ

第3 被告関西電力が等閑視する断層破砕帯は地震動に大きく影響すること
1 断層破砕帯が存在することについては争いがないこと
2 断層破砕帯が地震動に与える影響を考慮しなければならないこと
3 断層破砕帯の存在は考慮されておらずその影響も検討されていないこと
4 岩質が堅硬であるとの被告関西電力の主張について