◆原告第64準備書面
-被告関西電力準備書面(16)に対する反論等-
目次

原告第64準備書面
-被告関西電力準備書面(16)に対する反論等-

2019年7月26日

原告第64準備書面

目 次

第1 被告関西電力準備書面16について
1 被告関西電力の主張
2 震源断層モデルがスケーリング則に整合していても観測点での地震動が過小評価となっている危険性があること
3 入倉他論文(丙232)の問題点

第2 基準津波評価においては武村式を用い、基準地震動評価においては入倉・三宅の式を用いることの矛盾・ダブルスタンダード
1 入倉・三宅の式よりも武村式等の方がMoが大きくなること
2 基準地震動の策定において用いられている入倉・三宅の式
3 基準津波の策定において用いられている武村の式
4 武村式と入倉・三宅の式を使い分けることの矛盾・恣意性

第3 活断層調査が不十分であること
1 少なくとも活断層の有無をできる限り調査する必要があること
2 熊本地震に関するトレンチ調査により断層活動の痕跡が複数発見されたこと
3 最低限の調査としてトレンチ調査が行われるべきこと
4 大飯原発を巡ってはトレンチ調査さえされていないこと
5 活断層調査が不十分であること

第4 纐纈教授の指摘を踏まえて
1 入倉・三宅の式が過小評価となる危険性
2 原子力規制委員会の基準では過小評価の危険性があることを具体的に指摘